猫背的事務員musaのゆる~い読書記録

仙台在住musaの、大好きな読書と本にまつわる日々の記録です

「鳥たち」よしもとばなな を読んで人生に大切なことをまた一つ確信した

鳥たち

 

大好きな、よしもとばななさんの本「鳥たち」を読了しました。

表紙のカラフルなこと!

 

鳥たち

鳥たち

 

 

【あらすじ】
それぞれの母親を自殺によって相次いで失った「まこ」と「嵯峨」。
二家族が共同生活をしていたアリゾナから日本に帰国して、まこは学校へ通い、
嵯峨はパンを作りながら、お互いの存在だけを支えに暮らしはじめる。
ヒッピーだった母親たちと、失われた美しい暮らし。まこは、住んでいた土地の
イメージや死をめぐる悪夢に夜ごとさいなまれる。しかし、日常生活やさまざまな人との
対話を通じて、ふたりはゆっくりゆっくり、死と孤独の淵から抜け出す光を見つけていく――。

amazon商品紹介より)

 

 

一番強く感じたテーマが

「自分の人生の主人公は自分。人生を自分に取り戻そう」

ということです。

 

まこは嵯峨との間に赤ちゃんを授かることを強く望んでいます。

でも、その突き上げる欲求の意味をまこ自身が違和感を感じているのも確かで。

「(自殺した)親たちの生まれ変わりを生みたいのかも」

「昔、アリゾナでみんなと暮らした、チームだった日々を復活させたいのかも」

と思ってるフシがある。

 

それらはどれも、

「母親を死に追いやったのは自分かもしれない」

「何か親たちのためにもっとできることがあったのかもしれない」

という、親たちに対する罪悪感が

赤ちゃんを望ませているのかもしれないな、と思いました。

 

そんな鬱屈とした思いを抱えるまこに、大学のゼミの教授が語りかけたことが、

「人生を自分に取り戻していいんだよ。自分(や嵯峨)の人生に誇りを持って生きていい。その価値が君たちにはあるんだよ」

ということ。

これはまこへの語りかけですが、

ばななさんが読者の私たちにそっと語りかけてくれてるような、

そして、心に希望の灯りをぽわんと灯してくれたような

あったかい気持ちになりました。

 

両親がいないまこにとって、

親代わりのアドバイスをくれる大人(教授)の存在がどれほど心強いだろうか。

こんな人と巡り合えるのは幸運だし、

でも、もはや巡り合うべくして会ってるのかもしれないなとも不思議に思います。

 

まこが教授にそう言われて少し肩の荷が降りたように、

私もそうだよな・そうだよな~と

自分の心にある考えをまた一つ上塗りすることができました。

 

やりたくないのに義務感からやっている事。つきあい。関係性。

人への罪悪感から人生の選択肢を選んでしまっていること。

 

気づけば私もそういう類のことに多い引っかかってきたんだなぁ、と。

それらは全て意味があるんだろうし、これからの人生の糧にはなってるはず。

でも、これからは、自分の本当の望みを自覚して、

一つでも二つでも叶えていく人生にしていきたい。

直面する選択肢に対して、自分が本当に嬉しい!喜び!と思える方を

選んでいきたいです。

 

物語の全編を貫く、生死にまつわる祈りや静謐さに包まれながら、

また一つ自分を(精神的に)アップデートしたような気がします。

 

グレーの曇り空から、ぽわんとした黄色の光が少しずつ差し込む空へ。

そんなイメージを持った本でした。

 

 

musaが一番すきなよしもとばななさんの本↓

イルカ (文春文庫)

イルカ (文春文庫)

 

 

 ☆★☆

musa